FAQ

よく聞かれるご質問

Q: マリアこども園の2階ベランダにて、子供が遊んだりすることはないですか?

A: 2階のベランダは、東側と西側の非常階段につながる非難経路ですので、通常の保育中には、子どもは決してベランダに出ることはございません。

Q: 5歳児の鼓笛活動が厳しいと聞いたのですがどの子供でも、できるのでしょうか?

A: マリアこども園では、過去30年間にわたり鼓笛活動を保育に取り入れてまいりました、鼓笛活動を行う前には、専門講師と職員とのミーティングをおこない、幼児一人一人にあったパートを選び練習スケジュールをたてております。

Q: マリアこども園では、自由保育を採用しないのですか?

A: マリアこども園では、自由保育を、子供がその活動を「やら(されている)」という強制感や束縛感をもたないで、自分がやっている活動に“自由感”をもって取り組むことを重視する保育として自由保育を取り入れております。 自由保育を放任保育と履き違えている場合があります。たとえば、子供達がばらばらに好き勝手なことをしています。保育者は全くかかわろうとしない。また、「自由にのびのびと遊んでいる」といっている保育が、一見、元気がよく生き生きとしているように見えても、単に動き回っているだけで、子供の内面には充実感が全くないという保育もあります。こういう保育はほんとうの自由保育とはいえません。子供達が自主的に自由感をもって活動に取り組める保育を目指して、マリアこども園では保育者による、きめ細かな援助をおこなっております。

Q: マリアこども園に入園すると、キリスト教に改宗しなければならないのですか?

A: マリアこども園では、子どもたちに、改宗を求めるようなことは、一切ありません。当園においてのお祈り、聖歌を歌うことは、幼児期の道徳心を養うために必要なことと考えております。子どもたちが、可愛い手を合わせお祈りをしている姿を眺めて下さい。それは、単なる感傷的な美しさではありません。無力な人間が、意地や強がりを捨てた最も人間らしい姿です。聖者アウグスチノは、『祈ることを知っている人間は生きることを知っている人だ』と書き残しています。お祈りは、お子様の心を豊かにすることでしょう。幼稚園における祈り、聖歌などに深い御理解と御賛同を頂けたら幸いです。

Q: 子供が、洋式トイレにしかなれていないのですが幼稚園では大丈夫でしょうか?

A: 園舎内のトイレは、すべて洋式のトイレです。

Q: マリアこども園では園外保育をおこなっていますか?

A: マリアこども園では季節のかわりめを肌で感じられるよう、子どもたちと保育者が一緒になっておでかけしたり、園バスでお散歩へ出たりしています。

Q: マリアこども園ではアレルギー除去食がありますか?

A: マリアこども園は、アレルギーのあるお子様には、保護者の方と管理栄養士が面談を行い、献立を考えます。